Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://netdekabu.blog36.fc2.com/tb.php/62-554060c4

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

閑散に売りなし

相場の上下が激しい時は、取引に参加している投資家も多いのですが、
そうした動きの後、あまり上下に動くことがなくなり、
売買も少なくなってしまった状態のことを「閑散」といいます。
相場が閑散となるときは、たいていは、高値から値下がりして、値動きがなくなっている状態です。


ところが、そういう閑散な状態というのは、
売りや買いの材料が出尽くして、いったん落ち着いてしまった状態とも言えるので、
材料次第でどちらにも動く可能性があります。
ですから、そういうときにあわてて売り急ぐ必要はない、ということです。


確かに、株価がどちらに動くかはわかりませんので、
結果として「閑散」のときに売ったほうがよかったということもあります。
しかし、経験則として、「閑散」とした相場は、売りが出尽くして、
むしろいい材料が出ると急騰するようなこともあるため、こういう格言が残っているわけです。


ただし、閑散の状態は、長ければ数週間~数ヶ月も株価が動かない場合がありますので、
資金を効率よく回転させることを考えると、「売り」も必要です。


また、「閑散」の状態から相場が急に動き始めるときのことを表した格言では
保合い(もちあい)放れにつけ」というのがあります。
「保合い」というのは、株価が一定の範囲内で上下して、あまり動きのない状態のことで
「閑散」と同じような意味合いに使われます。


格言集 目次




スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://netdekabu.blog36.fc2.com/tb.php/62-554060c4

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

おすすめ証券会社

これからインターネット取引するならマネックス証券
・株、ミニ株、投資信託、債券など業界随一の商品ラインナップ
・逆指値でリスク管理もラクラク
・口座開設すれば市況概況や個別銘柄ニュースなど良質な投資情報が見られます
・口座開設費用は無料。今すぐ口座開設を!


E*トレード証券
・2005年ネット証券取引高ダントツ1位
・業界最低水準の手数料

株式投資に役立つ情報集

【緊急告知】
次のストップ高を発表します!

個人投資家の投資戦略に役立つ情報を提供いたします。 推奨銘柄の売買タイミングや、売買テクニックについての情報も盛りだくさん。 トレーディング

四方田勝久先生の『デイトレード基礎セミナー』 詳細は今すぐ ココをクリック!

株式投資を学ぶなら絶対ここ!詳細はこちら

相互リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。