Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://netdekabu.blog36.fc2.com/tb.php/69-e61d4aa7

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

注文の基本「指値」と「成行」を覚えよう

「指値」注文と「成行」注文の特徴


株の取引の際の注文方法には 「指値注文」 「成行注文」 の2種類があります。


「指値注文」 とは 「○○円なら買いたい。○○円なら売りたい」 というように、
「あらかじめ自分で売りたい(または買いたい)額を指定する」 注文方法です。

この注文方法は、希望額で売買ができるという長所がある反面、
株価の推移などによっては売買ができないという短所もあります。


一方、「成行注文」 は、
「売買の価格を指定せずに、銘柄と株数だけを決めて、あとは成り行きにまかせる」 注文方法です。
値段を指定しないため、「指値」にくらべ、早く取引が成立しやすくなります。
しかし、株価の変動が激しい時など、思いもかけず高く買ってしまったり、
安く売ってしまったりすることもあります。



サラリーマンA君とOLのBさん


サラリーマンのAさんは出社前に、
前日の終値が 1,000円 の 「超入門」社 の株を 940円 の 「指値」 で買い注文しました。


同じように、OLのBさんは出社前に、同じく 「超入門」社 の株を 「成行」 で買い注文しました。


二人は日中は働いていますので、株価のチェックはできません。
しかしその間に、 「超入門」社 の株価は、朝9時に 960円 で取引が始まり、
午後3時に 1,050円 で取引を終えました。


夕方帰宅した二人が取引結果をチェックすると、サラリーマンのA君は、
株価が一度も 940円 にならなかったため、取引不成立。
一方、OLのBさんは、 960円 で取引が成立していました。



「指値」と「成行」の使い分け


ネット株の初心者の場合は、 「指値」 にしようにも株価の推移の予想がつかないため難しいものがあります。
ですから、確実に手早く売買するためにも 「成行注文」 の方が確実でしょう。

買いたい銘柄が上昇傾向にある場合はできるだけ安いうちに購入することができ、
また、下落傾向にあるときは、できるだけ高いうちに手放すことができる
からです。


このように聞くと、 「指値注文」 の必要があるのか?ということになりますが、
株の取引には手数料や税金ががともないますので、
売買益をはっきり確定させなければ損失がでる場合もあります。
そうした場合には 「指値注文」 が有効になってきます。


また注意しなければいけない点として、
証券会社によっては 「指値注文」「成行注文」 で手数料が違うところがあることです。
成行注文のほうが割高になりますので注文方法は慎重に選んでいきましょう。




スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://netdekabu.blog36.fc2.com/tb.php/69-e61d4aa7

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

おすすめ証券会社

これからインターネット取引するならマネックス証券
・株、ミニ株、投資信託、債券など業界随一の商品ラインナップ
・逆指値でリスク管理もラクラク
・口座開設すれば市況概況や個別銘柄ニュースなど良質な投資情報が見られます
・口座開設費用は無料。今すぐ口座開設を!


E*トレード証券
・2005年ネット証券取引高ダントツ1位
・業界最低水準の手数料

株式投資に役立つ情報集

【緊急告知】
次のストップ高を発表します!

個人投資家の投資戦略に役立つ情報を提供いたします。 推奨銘柄の売買タイミングや、売買テクニックについての情報も盛りだくさん。 トレーディング

四方田勝久先生の『デイトレード基礎セミナー』 詳細は今すぐ ココをクリック!

株式投資を学ぶなら絶対ここ!詳細はこちら

相互リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。