Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://netdekabu.blog36.fc2.com/tb.php/74-522ab622

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「PER」 だけじゃない!! まだあるお得銘柄発掘法

株主資本と株価を比較する


「PER」 とは、 「株価が1株あたりの利益の何倍か」 ということである、と説明しました。


それに対して、 「PBR」 というものがあります。


これは、 「株価が1株あたりの株主資本(純資産)の何倍か」 を表したものになります。


「株価純資産倍率」 とも言います。


これは、企業が解散したと仮定して、土地や建物を売却するなどして資産を処分した際に、
株主の手元に残るお金のことです。


この 「PBR」1倍以下になると、株価以上の戻りがあるということになります。
村上ファンドの阪神電鉄株買収なども、この 「PBR」 が基準となっています。
また最近では、1倍以下になる企業も目立ち始め、景気の回復感をうかがわせます。


しかし、これはあくまでも判断基準であって、現在その企業が存続している以上、
将来にわたって資産を目減りさせる恐れがあれば、判断の基準とするのは注意が必要です。



企業の将来性を計る


最近特に重要視されているものに、企業の収益性や、成長の度合いを表す 「ROE」 というものがあります。


これは、


「1株あたりの利益」 を 「1株あたりの株主資本(純資産)」 で割ったものになります。


株主が投資したお金を、
会社もしくは経営者が、どれだけうまく運用し利益をあげているかを判断する基準となります。


そのため、時としてこの数字は、経営者の経営能力をも表してしまうことがあります。



配当利回りで割安株をさがす


「1株あたりの予想される配当額」 を 「株価」 で割って算出します。


この数値が高いほど割安株ということになります。


高配当の企業は、当然のことながら収益性もよく、業績が安定しています。
しかしながら、当然そうした銘柄は、すでに高い値がついている傾向にありますので、
割安とはいえ購入するにはちょっと・・・(笑)



FC2ブログランキングへGO !!





スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://netdekabu.blog36.fc2.com/tb.php/74-522ab622

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

おすすめ証券会社

これからインターネット取引するならマネックス証券
・株、ミニ株、投資信託、債券など業界随一の商品ラインナップ
・逆指値でリスク管理もラクラク
・口座開設すれば市況概況や個別銘柄ニュースなど良質な投資情報が見られます
・口座開設費用は無料。今すぐ口座開設を!


E*トレード証券
・2005年ネット証券取引高ダントツ1位
・業界最低水準の手数料

株式投資に役立つ情報集

【緊急告知】
次のストップ高を発表します!

個人投資家の投資戦略に役立つ情報を提供いたします。 推奨銘柄の売買タイミングや、売買テクニックについての情報も盛りだくさん。 トレーディング

四方田勝久先生の『デイトレード基礎セミナー』 詳細は今すぐ ココをクリック!

株式投資を学ぶなら絶対ここ!詳細はこちら

相互リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。