Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://netdekabu.blog36.fc2.com/tb.php/85-fe857e88

-件のトラックバック

[T5] 三菱地所最新ガイド

三菱地所設立 = 1937年5月7日|郵便番号 = 100-8133|本社所在地 = 東京都千代田区大手町1-6-1|業種 = :Category:日本の不動産業|不動産業|代表者 = 木村惠司(代表取締役社長)|資本金 = 1,297億36百万円|売上高 = 単体:4,655億円(2006年3月期

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

大化け狙いの小型株、リスクの少ない大型株

「小型株」 「大型株」というの聞いたことがあるでしょうか?
株の分類の方法の一つです。


「小型株」 というのは、時価総額 (株価×総発行株数) が小さい株のことで、
「大型株」 というのは、反対に時価総額が大きい株のことを言います。


この二つは、投資の際に大きな値上げを狙うか、リスクを軽減するか、という考え方に大きく影響します。


「三菱地所」 という不動産関連の会社があります。


この会社は、時価総額約8.000億円の会社ですが、2003年の春に底値をつけてから、
2005年の半ばごろまでに大きく上昇しました。


上昇の原因は2002年の3月期から、今年(2006年)にかけて、
経常利益を482億円から1005億円まで2倍以上に伸ばしているからです。


一方、同じ不動産関連の新興企業にダヴィンチ・アドバイザーズという会社があります。


こちらは同じ時期に、経常利益を3億7000万円から、45億円に伸ばしています。
ナント12倍!!


そして両者の株価ですが、三菱地所は2.5倍、ダヴィンチ・アドバイザーズは、な、な、なんと20倍!!


すでに大企業である会社が利益を2倍にするよりも、
規模の小さい会社が利益を2倍にする方が、はるかに簡単だからおこる現象です。


しかし、そのダヴィンチ・アドバイザーズも、上昇トレンドの中で下げた時は、約4割も下げることがありました。


それに対して、三菱地所は下げた時でも、2割ほどで踏みとどまっています。


不良債権処理が順調に進む不動産業界においても、さらにトップクラスにつけているブランド性が、
業績を大きく崩す心配を投資家たちに与えないのです。


どちらを選ぶかはあなたですが、
長期に渡って安定した運用を希望するのなら大型株を、
短期間で大きく利益を得たいのであれば小型株を投資の対象にすればよいでしょう。


しかし、理想を言えば、どちらか片方に寄ることなく、
分散投資を心掛けて、 「大型株」 「小型株」 両方にまんべんなく投資してください。



FC2ブログランキングへGO !!






スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://netdekabu.blog36.fc2.com/tb.php/85-fe857e88

1件のトラックバック

[T5] 三菱地所最新ガイド

三菱地所設立 = 1937年5月7日|郵便番号 = 100-8133|本社所在地 = 東京都千代田区大手町1-6-1|業種 = :Category:日本の不動産業|不動産業|代表者 = 木村惠司(代表取締役社長)|資本金 = 1,297億36百万円|売上高 = 単体:4,655億円(2006年3月期

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

おすすめ証券会社

これからインターネット取引するならマネックス証券
・株、ミニ株、投資信託、債券など業界随一の商品ラインナップ
・逆指値でリスク管理もラクラク
・口座開設すれば市況概況や個別銘柄ニュースなど良質な投資情報が見られます
・口座開設費用は無料。今すぐ口座開設を!


E*トレード証券
・2005年ネット証券取引高ダントツ1位
・業界最低水準の手数料

株式投資に役立つ情報集

【緊急告知】
次のストップ高を発表します!

個人投資家の投資戦略に役立つ情報を提供いたします。 推奨銘柄の売買タイミングや、売買テクニックについての情報も盛りだくさん。 トレーディング

四方田勝久先生の『デイトレード基礎セミナー』 詳細は今すぐ ココをクリック!

株式投資を学ぶなら絶対ここ!詳細はこちら

相互リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。